2007年05月07日

ホルツアメッシュについて

ホルツアメッシュとは、カーワックスの商品名で。
ウリはなんといっても、雨の日でもワックスが掛けられるという事です。
でもまぁ、雨の日にワックスは掛けたくないですよね 笑

以下、公式サイトより引用。

なんと雨の中でワックス掛けができる新発想のカーワックスが誕生しました。
その名は「ホルツアメッシュ」。
優れた親水性により、水のチカラをかりて、ボディーにサッと広がり、
強力なワックス効果を発揮。
仕上げは水や雨で洗い流すだけでOK。
だから、手の届かないミニバンのルーフにもラクラクワックス。
水のチカラで驚くほどの輝きが得られる、雨まかせのカーワックスです。

アメッシュの特長
ボディーに水をかけアメッシュをスプレー、その後全体に水をかけるだけで作業完了
雨の日にも使用可能
水に馴染み、水を伝わってワックス成分が広がるため、雨の日でもワックスが掛けられます。

超親水性でワックスが均一に塗り広げられ、色ムラになりません
従来のワックスでは均一にワックス掛けする事が意外に困難でしたが、アメッシュは水がワックスを塗り広げてくれるので、均一に塗装面に定着し、色ムラになりません。

ボディー、ガラスに丸ごと1本で超撥水
特殊シリコンを使用しているため、ガラス面にも定着し、抜群の撥水力を発揮します。

手が届かない、細かい部分もOK
アメッシュは、水がワックスを塗り広げるため、手間のかかるルーフ部分や、ボディーの隙間等にもしっかりワックスがかかります。

ふき取り無用のため、磨きキズなし
水で流すだけでワックス掛けが完了するため、ふき取り無用!! 従来のワックスでは拭き取る際に、リング状の磨きキズがボディーに付いてしまう場合がありましたが、その心配がありません。

・晴れの日の使用方法

まずボディー面を洗車して、汚れや油分を取り除き。
ワックスをする場所に水をかけ、ホルツアメッシュを吹きかける。
その上にまた水をかける。

注意点として、水の量に気を使う事。(少ないと効果が得られません)

・雨の日の使用方法

晴れの日と同じでボディ面に充分な水気があることを確認する。

ルーフ、フロントガラス、ボンネット、トランク、側面部 の順でスプレーする。

こちらも晴れの日と同じで雨があまり降っていない場合、特に雨のあたりにくい部分には、水をかける事。
posted by ML at 02:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。